ウーマン

美容外科クリニックを岡山で受診しよう【美しさをキープ】

目の周りの美容治療

ビキニの女性

目の周りの肌は薄いので、他の箇所よりも肌トラブルの症状が出やすいことが特徴です。目の周りの肌トラブルには、目の下のくまや目の下のたるみ、目の上のたるみなどがあります。いずれの症状も岡山の美容外科で治療することができ、施術後は目元が美しくなります。目の下のくまの治療では脂肪除去の施術が最適で、30分程度の施術で目の下のくまが解消します。目の下のくまが消えると若返ったような印象になり、いつも疲れていたような印象もなくなります。施術の際には点眼麻酔と局所麻酔を行いますので、施術中に目の下が痛くなることはありません。岡山の美容外科ではハムラ法で目の下のたるみ治療を行っており、下まぶたのプロポーションが美しく整います。施術が終了するとパッチリとした目元になり、実際の年齢よりも若く見えるようになります。目の上のたるみ取りでは重瞼線部切開法が行われ、たるみを取るだけでなく二重まぶたにすることも可能です。目の上の皮膚がたるんでくると、元は二重だった人も二重のラインが狭くなったり、二重まぶたが一重になってしまう場合があります。重瞼線部切開法で目の上のたるみを治療すると、一重になってしまった人も元通りの二重まぶたに戻ります。

目元の皮膚は他の部分の皮膚よりも薄いので、加齢による影響が特に出やすい箇所です。年を取ると目の下にくまが出やすくなり、目の下にくまができると実年齢よりも老けた印象に見られてしまいます。年齢を重ねると目元の皮膚がたるんでくるケースが多く、目の上の皮膚がたるんでくると、いつも眠たそうな印象に映ってしまいます。目の上の皮膚がたるむと二重のラインも狭くなってくるので、目元のパッチリ感がなくなります。岡山の美容外科では目元のくまやたるみを改善する美容治療を行っており、施術でくまやたるみを解消できます。くま治療には脂肪を除去する脱脂術やレーザートーニング、ヒアルロン酸注入などがあり、くまの種類に応じて最適な治療法を選択します。目の下の脂肪が原因のくま治療では脱脂術が適用され、余分な脂肪を除去することによって目の下のくまが解消します。色素沈着が原因のくまにはレーザートーニングが最適で、茶くまの解消に特に優れた効果が得られます。岡山の美容外科では、ヤグレーザーピーリングで目の下のたるみ治療を行っています。ヤグレーザーピーリングは即効性はありませんが、継続して治療を受けると目の下のたるみが徐々に軽減されていきます。